水素水で頭皮湿疹・かゆみ改善か?確実に1ヶ月は必要だと感じる実体験

投稿日:2016年3月15日 更新日:

頭皮のかゆみに悩む男性

頭皮のかゆみが収まらず2年後に出会った水素水で劇的改善?

こんにちは。
2児のパパ「あとすい」です。

元々アトピー持ちの僕ですが「頭皮」に関しては実はかゆみの経験はありませんでした。
37歳までは。
アトピーを発症したのが6歳の頃なので、実に31年間はいわゆる腕や首などの特に汗をかきやすい部位で、かゆみを発症していました。

ところが忘れもしない、「37歳の3月」いきつけの散髪屋で髪を洗ってもらったあと、帰ろうと自転車にのった瞬間でした。
それまで、感じた事のない意味不明な痒みを頭皮に感じました

その時はあまりに痒かったので、ボリボリと掻いてしまいました。
なにせ「頭=アトピー」という概念がなかったので。

そんな僕が水素水を1ヶ月飲んで現在。
かゆみの度合が、かなり減りました
嫁さんには「季節的な要因でしょ?」
と一蹴されていますが、今は3月。
僕の場合、痒みが収まる時期は大体5月~6月の春ちょっと過ぎ頃に汗をかかなくなってから。

そもそも、去年1年間は年中頭がかゆかったから、この症状だけに関していえば「季節要因はありえない」と自分では思っています。

今日は「水素水で頭皮のかゆみ」が改善したように感じる。
そんな僕の実体験を、さらけ出して記事にしてみたいと思います。

同じ悩みを持っている方へ少しでも手助けになれば幸いです。

3年も通っている床屋で突然発症した頭皮のかゆみ!

かれこれ3年以上は通っている床屋があります。
特別なお店でなく、ごくごく普通の床屋です。
髪を切って、産毛とひげを剃って、眉を整えて、髪を洗って終了。
アトピー持ちとは言え、今ままで痛み・痒みなど感じたことはまったくなし。

顔そりをしたときに乾燥具合がちょっと気になることはありましたが、その程度です。

その床屋で事件が起こります。
ちょうど2年前の2014年3月でした。

いつも通りお店をでて自転車に乗って家に帰ろうとした瞬間。
鮮明に覚えていますよ、サドルにまたがった瞬間でした。

「何これ?」

っていうくらい強烈な痒みが、頭皮に襲ってきたのです。
ちょっと寒気がするくらい突発的にきた、チクチクする痛みと痒みでしたね。

行きつけの皮膚科で頭皮ケアについて診断してもらった結果

今までアトピーとして見てもらっていた皮膚科があったのですが、頭皮に関して問題があったことはありません。
そのため見てもらうのは初です。
現場でしっかり頭皮部分の写真も撮られ、病名もつけられると思っていました。

ところが診断の結果「乾燥ですね」と言われました。

乾燥だと?

いつもの床屋に行って突然かゆくなった自分を納得させられません。
絶対なにか特別な理由があるはず!
そう思っていましたからね。

食い下がる僕。
「先生!いつもどうにもないのに突然ですよ?ありえませんよね?」

ですが先生は
「病気は突然訪れるものですよ。案外」
なんだと。

そして処方された薬がこちら。

デルモゾールDP

デルモゾールDP(ローション0.064%)

これはステロイド(ベタメタゾンジプロピオン酸エステル)が含まれています。
炎症を抑える効果があり、うまくいけば短期間でかゆみが収まり、頭皮の改善へ向かうはず。

頭皮ケア(デルモゾールDP ローション0.064%)を2週間続けた結果

頭皮部分なので自分ではうまく付けれません。
嫁さんにお願いして、赤みのある部分や乾燥っぽくみえるところに付けてもらいました。

そのとき少し変だったことがあります。
嫁さんが「あんまり赤いところないよ?乾燥っぽいのは少しあるけど」と言っています。

僕の心の中に「本当に乾燥なのか?」という疑問がずっと沸き始めたのは言うまでもありません。
そして2週間ほど続けました。
結果、「まったく効果なし!

かゆみがひどくなることはありませんでしたが、収まることもなし。
どうにも痒みは続くので、お試しでお湯だけ洗いにしてみた日もありました。
逆に痒くなりましたね。

自慢ではありませんが、シャンプーでほぼ毎日洗っていますので、いきなり発症するっていうのは謎すぎます。

1ヶ月分の薬が終了して先生のところへ行きました。

頭皮ケアのやり方も含め新薬で試してみた!

デルモゾールDP(ローション0.064%)が効かなかったことを報告したところ、ケアする際はつけすぎないで、ローションを伸ばす感じで付けてみてください。
とのこと。
まぁ痒みが収まらない以上、塗り方を変えたところで・・・。
と思いますが、先生を前に議論してもしょうがありません。

ただ効かなかったということで、一旦薬を変更してもらいました。
今回変更した薬はこちら。

デルモゾールGローション

デルモゾールGローション」という薬です。

先に処方された、デルモゾールDP(ローション0.064%)とは姉妹品で、こちらの方は「むし刺され・とびひ・あせも・やけど」などの比較的症状が軽めな時に使用されるようです。

なるべく伸ばすように塗る・・・。
なるべく伸ばすように・・・。

うん。
ローションだから自動的に伸びるね。
まったく頭皮ケアのアドバイスが生きませんでした(笑
せっかく処方してもらったので、また1ヶ月近くやってみました。

うーん。
だめですね。
まるで効果がありません。

先生に経過を報告しても、長く付き合いながら様子を見るしかない。
そう言われてしまいます。
まぁ乾燥が原因だったら、乾燥の原因を排除するのが対策なので、時間をかけて肌を整えていくのが常識。
でもね。
突然かゆみが襲ってきたっていうのが、どうにも腑に落ちないのですよね。
そう思いながら2年近くたちました。

 

 

アトピーを改善したいと思って飲み始めた「水素水」の意外な副作用

僕が「水素水」と出会ったのは、日本医科大の太田教授が出した本です。
最近だと書店でよく見かけるようになりましたね。

水素水とサビない身体

水素水とサビない身体

という、水素水について分かりやすく書いた本です。
人間の体は活性酸素が原因で、老化・糖尿病・パーキンソン病・癌などの症状が起きていると説かれています。
その原因のひとつが、活性酸素がもたらす「酸化(サビ)」です。
水素は還元作用(酸化と反対の作用)が強いので、中和し活性酸素を減らしてくれるという内容ですねー。

活性酸素は2種類あるという重要事項!について超簡単に説明

体の中で作られる生きていく上でのエネルギーは、「ミトコンドリア」という人間の細胞が作っています。
ミトコンドリアがエネルギーを作っていく上で、どうしても副産物がでてしまいます。
工場でいう所の、廃水と思ってください。

その廃水に例えている副産物は「活性酸素」と呼ばれます。
活性酸素ってよく聞くようになりましたよね。

活性酸素自体は、「善玉」「悪玉」と2種類あって、ミトコンドリアの副産物は「善玉活性酸素」になりますよ。
「善玉活性酸素」には殺菌・生理活性なんかの効果があり、まさしく善玉。

ですが、時折ミトコンドリアのエネルギー生成に不調が生じたり、善玉が多く出来すぎたりすると、善玉活性酸素が「酸化作用の強い悪玉活性酸素」へと変化してしまうのです。

悪玉活性酸素は「ヒドロキシルラジカル」といい、無差別になんでも攻撃(酸化)してしまう、たちの悪い酸素です。
もちろん、自分の中にある良い細胞・DNAも攻撃してしまいます。

ここでのキーワードは「酸化」です。
悪玉活性酸素は「酸化」を起こしてサビさせるイメージですね。
逆に「抗酸化」は酸化を防ぐということになります。

水素はビタミンやコエンザイムQ10などと同じく「抗酸化作用」が強く「酸化」を抑える効果があります。
特に「悪玉活性酸素」に対して水素はダイレクトにくっつき「水」になります。

これで、活性酸素を減らす。
というメカニズムですねー。

もっと詳しい水素の能力についてはこちらの記事をご参考ください。

参考水素水とは?アンチエイジング効果で話題騒然

アトピーは皮膚炎ということが水素水と深く繋がった

アトピーは皮膚炎。
つまり、炎症です。
炎症はウイルスなどの外敵から健康な細胞をを守るために、皮膚を赤く腫れさせます。

炎症性サイトカイン」という物質の関わりで起こっています。
ここで「悪玉活性酸素」が出てきます。

悪玉活性酸素って自分の細胞も攻撃してしまうので、体の内部的にはウイルスと同じく外敵になるんですよね。
とてもやっかいでしょ?
その悪玉活性酸素を水素が抑える。
つまり炎症を抑えられる。
そんなことがより鮮明に分かってきています。

水素水とは「水素を水に溶かしたもの」。
なら、この水素水を飲むことで、炎症(アトピー性皮膚炎)を抑えることができる。
僕は、そう目論みました。

ちなみに注目したのは、アトピー。
頭皮ケアをしたいのではなく、他のアトピー部分を改善したくて水素水を飲み始めていました。

結果論にはなりますが、頭皮も炎症を少なからず起こしていたのは事実
その部分に命中した可能性は大なり小なりありそう。

頭皮のかゆみが何故か収まってきている

水素水を飲み始めて1ヶ月くらい経っています。
アトピーのかゆみは大きく変わっていません。

正確に言うと、「良くわからない」。
小さいかゆみは減ったようにも感じるし、感じないかもしれない。
ただ、頭皮のかゆみは減っていました。

実は、この記事を書こうと思ったのは「かゆみが少ない事」に気づいたからです。
かゆみって不思議なもので、かゆみが無いときは自分がアトピーだということに全く気付かないんですよね。

だから、頭皮のかゆみも気付きませんでした。
ところが、ふと「あれ?いつから痒くなくなった?」
と思い始めました。

思い返すと、水素水を飲み始めてから1ヶ月経つか経たないかくらいからでした。
記憶をたどる限り2~3週間くらいのときには、お風呂上りの時でも、まだポリポリかいていましたね。
あー、思い出したくないです・・・。

ちなみに、薬(デルモゾールDPローション)は効かないと途中から思い、もうずっと使っていません。
日常で変わったことといえば「水素水」を飲み始めた事だけ。

水素水だけが理由じゃないかもしれないけど、水素水が理由としか思えない。
そんな印象です。

期間に限って言えば、2~3週間じゃ効果は見えなかったかもしれませんね。
水素水のパワーを感じるくらいになるには、確実に1ヶ月~2か月くらい掛かるという口コミをよく見ますが、あながち間違っていないと思えます。

これからも引き続き「水素水」を飲み痒みを減らしたい

正直また痒みが戻ってくることを想像するだけで怖いです。
頭皮がポロポロ落ちてきて不潔・不衛生だし。

特に嫌なのはスーツの肩部分に白っぽい粉みたいなものがつくこと。
見るからに髪を洗っていなさそうだしねー。
子供を連れて一緒に保育園行くときも、しっかり入口でチェックしますよ。もちろん(笑

僕の頭皮のかゆみが収まってきているのは、まだ嫁さんくらいしか言っていません。
本当かどうかなんてわかりませんし、お医者さんに言っても笑われますから。

でもいいんですよね。
結果的に治れば。
医者に笑われようが、友達に笑われようが

最終的に少しでも「治ればよい」

みんなが購入を決断した記事

1
【2016年度版】水素水を目的別に徹底比較!(ブランド・価格・お試し最安値)

水素水を目的別に比較して欲しい! 水素水はメーカーも仕様も様々。 選び方がよくわからないと困っている人も多いと思いましたので、 今回比較してみた項目は次の3項目。 ブランド・メーカー別での比較 水素溶 ...

2
【2016年度版】ランキング(総合)

2016年「水素水」の総合ランキング!体感しまくっている人が続出 水素水は水素濃度も重要ですが、実際飲む人は「人間」 ですから、味や舌触りも含めて自分にあったものがよいです。 自分に合っていない「水素 ...

-アトピー経験話

Copyright© 水素水・水素水風呂のアトピー効果・効能について検証するブログ - あとすい ー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.