あとすいの自己紹介

投稿日:2016年2月18日 更新日:

水辺にいる帽子をかぶった奇麗な女性

水素水でアトピーから卒業したい!いくつになっても「健康」でありたい!

こんにちは。
2児のパパ「あとすい」です。

40歳になりますが、アトピー肌で35年以上悩まされています。
今は、小さい頃に比べ今では少し落ち着いてきたものの、まだ夏と冬は痒みが少しぶり返す日々。

今回は僕がどうしてこの「アトピーと水素水についてのブログ」を書こうと思ったのか?
その動機について話してみます。

アトピーの痒みの原因とされている過度な炎症反応を「水素水」が抑える?

なんとかこの痒みを抑えてほしい!
そう思っていますが、今の医療技術では「アトピーの完治」は当面難しそうです。
アトピー患者の方でしたら、このもどかしさは痛いほど分かるかと思います。

でも「痒みが多少でも」収まったら?
「少しでも良い方向へ」体質改善できたら?
「夏でも気軽に」半袖着れたら?

その可能性を秘めているのが「水素水」です。なぜそう思うか?

水素水研究者でマスコミにもよく出ている「日本医科大の太田成男教授」「水素水とサビない身体」で紹介されていた「ある一節」が引き金です。

sabinai

「水素分子が炎症反応の原因である、サイトカイシンの誘発を抑える効果があることが分かってきた」(P38)

つまり

「水素水は痒みの原因を封じ込めてくれる可能性がある!」

という事ですね。

詳しくは別記事で書いていますのでご参考ください。

参考アトピー原因はストレス?脱ステロイドへの炎症と活性酸素の関係

個人的には、痒みが一番きついので、なんとか脱ステロイドをして普通の生活を取り戻したい。
そんな風に思う訳です。
自分で言うのも変ですが、ごく自然な感情じゃないでしょうか。

起きてしまった「娘へのアトピー遺伝」

アトピーでない人にはこの「ストレス」はなかなか分からないと思いますが、年中体のどこかしらがチクチク痒くなる。
これは想像以上に過酷です。
そのストレスでさらに痒くなるという負の連鎖。

ステロイド薬を使いなんとか無理やり程度を和らげ、30歳の時に第一子の娘が。
その第一子が恐れていたことになりました。

アトピーの遺伝です

「アトピーは遺伝する可能性がある」と聞いていたので、
自分のせいで子供がアトピーになったらどうしようかということが、ずっと心に引っかかっていました。

大好きなわが子に、あの苦しみ、痒み、悲しみをさせないといけないのか。
でも人生ってそんなものですよね。
アトピー歴35年の私はすぐに分かりますよ。
娘の肌の異変。

自分の体以上に良く治してあげたい!

その思いと、「水素水」にアトピー改善の可能性を感じたということもあり、病院と水素水の両方からアプローチをすることにしました。

そのためには

  • 自分で水素水の知識を得て、どの水素水を飲むべきか?
  • どんな環境で飲むべきか?
  • 何が水素水を飲むうえで重要か?

を知る必要がありました。

ただ知るだけではなく、アウトプットして記録も必要でしたので沢山の資料を読んだり、実際水素水を飲んだりしました。

そして、調べた情報を自分ひとりで握りしめるよりは、「同じ苦しみを感じている本人・親御さん・親族の方へも伝えたい」という気持ちが出てきたのが動機になります。

水素水を使って「健康を取り戻し」「アトピーと決別」できていくであろう過程を、余すことなくご紹介します。

今までの軌跡

水素水の選び方・調査をする前までの軌跡

ここからは、僕がこのブログにたどり着くまでの軌跡になりますので、「あとすい」って何者なの?と興味のある方だけ読み進めて頂いてください(笑

 

「水素水」を初めて知った時の「嘘くささ」

そんなとき、ある人がきっかけで「水素水」というものを知りました。
水に水素分子を溶かしたものです。

私は大学の専攻が「電子工学」だったので、化学の知識は高校レベル。
ですが、化学は好きだったこともあり多少の予備知識はありました。
たかが水素分子を溶かしただけで?
そう思いましたね。

  • 若返る・本来の自分の治癒力を取り戻す方向へ
  • 脳梗塞・パーキンソン病・認知症・リウマチ・癌の治療にも期待されている
  • 疲労・肩こり・二日酔い防止をサポート
  • シミ・シワ・美肌効果が絶大と口コミが続々
  • メタボ(代謝)に大きな影響がある
  • アレルギー・アトピーの痒みの原因酵素への関連性大

アトピーに効果がある??
いやいや、35年もアトピー人生送っていると相当量の薬や食事制限を体験しているので、こんなに良い謳い文句ばっかりだと

怪しすぎます。

嘘くさすぎます。

まぁきっといつもの流行り商品だろうと。
けれどもアトピーには人一倍関心がある(自分と娘のことですからね)ので一応書籍を何冊か購入し読んでみました。

水素水の世界では、かなり有名な先生がいます。
「太田成男教授(日本医科大)」です。
元々、東大で物理学を専攻し海外で生物学を学んだあと現在に至ります。
その方の書籍類です。

「ミトコンドリアのちから」と「水素水とサビない身体」の2冊の本

 

「水素水とサビない身体」を最初に読んだときはさすがに衝撃を受けました。

あまりにも科学的だったから

です。

医学的にも相当論文でているようですね。びっくりです。

先生は、多種に渡る病気の根本的な原因は「悪玉活性酸素」だと裏付けています。
その「悪玉活性酸素」は元気が良すぎて、良い遺伝子や酵素を壊し、さまざまな体に悪い影響をもたらします。

ちなみに「プラス側」の極性を持っていますので「マイナス側の水素分子」を近づけると「」になります。

結果、悪玉活性酸素が減る。
この作用で、病気の根本部分が良くなっていく。
もしくは、病気に負けない本来の自分の治癒能力を取り戻す
という方が正解でしょうか。

物凄くシンプルです。

少し眉唾ぎみだったので、他の書籍も読んでみました。

kindle

 

こちらはキンドル版です。
論理は一貫していまた。

話の1番の肝は「悪玉活性酸素」を減らしましょう。
ということだけ。

私は知らなかったのですが、テレビやCMでも最近はかなり有名なのですね。
医療現場やNASAでも研究が始まっていて、当たり前のように水素水を飲む時代がきてもおかしくない。
そう言われているのだと。

「水素水とサビない身体」の本文中にとても興味深い内容がありました。

東京・四谷にある「辻クリニック(アンチエイジング・予防医学)」の辻医院長の話。
点滴に水素注入を行い、水素治療を2年やっているが「呼気」から水素が出てくる人に差があるのだと。

  • 癌・インフルエンザ患者 点滴注入後30分後に呼気から水素が検出
  • 健康な人 点滴注入後2~3分で呼気から水素が検出

つまり「悪玉活性酸素」に作用している水素は程度の悪い人の体内では大きく影響を与えている

病気の人は免疫力が弱っていることもあり「悪玉活性酸素」が多く体内で作られているため、その改善が起きている可能性が高いですね。

結局のところ、僕に知識が不足していただけでした。

2世代に渡って悩まし続けている「アトピー性皮膚炎」と決別したい!

こうなったら「自分のためにも、娘のためにも」

水素水・水素風呂(水素をお風呂で発生させるもの)で実験してやるーー!
これはアトピーに親子2代で悩まされ続けてる私への試練だと思っています。

女の子ですから顔に露骨にアトピーが出るのはかわいそすぎます。
それだけが改善してくれても僕としては、大喜び。

アトピーと決別できるチャンスがあるのならば、ダメもとでも挑戦するのは親である私の使命。
やらなければ、ずっとステロイドと痒みのバランスを取り続ける人生でしかありませんからね。

悲しみの女性

鳥肌が立つ記憶!アトピーが発症した33年前

僕がはじめてアトピーだと知ったのはおよそ33年前。
当時6歳で小学校に入る前でした。
それまでは「手の付け根(曲げる部分)・膝裏・首」が痒いなー。
と思ってはいたものの、掻き過ぎてただれても「ほら!我慢しなさい!」って母から言われてた。

家族でアトピーの人はいなかったし、僕が住んでいる田舎では、アトピーもそんなにメジャーな病気じゃなかったのかもしれません。
ですが、いよいよ小学校入学って頃になると、少し母も焦りだしたようで「一度病院行ってみようか?」
そんな流れて近くの病院を転々としました。

鮮明に覚えている言葉があります。
「ステロイドは危険だからね!」
誰がいったか分かりませんが、ステロイド=危険な薬品
そんなイメージはしっかり幼い僕には刻み込まれていました。

古い考えの女性

処方された薬で完治するという考え方は古かった

アトピーで悩まされている人なら、良くわかると思いますが「劇的に効果あり!」
ってそうそうありません。
僕はお医者さんじゃありませんので、厳密なことは言えませんが、アトピーって厳密に分けると種類があるんじゃないかと思っています。
だから「効く薬」は人によって違う。と。

いずれにしても、33年前ですからアトピーって言葉すら流行り出した地域もあるでしょう。
薬が効かなくても仕方ないですよね。
そんな当時、お医者さんから言われた禁止項目は結構いっぱいあります。

  • ポテトチップ類の揚げ菓子は食べないこと
  • カップラーメンもダメ
  • ジュースもダメ
  • 汗をかいたらすぐ拭くこと
  • 海水はアトピーに効く(ミネラル?理由は不明)
  • 大きくなったら良くなるよ!
  • お酒を飲むな(将来の話)

これから小学校に入っていく子供ですよ?
6,7歳の子供にかせる制限としては大分重荷です。

母親も段々と事の重大さが分かった来ていたのかもしれません。
影で悲しんでいたかもしれません。

朝の90%を奪われる診療対応

とにかく痒がる僕をみて、母は有名な病院へ連れて行こうとしました。
その病院は個人院の皮膚科専門なのですが、朝の6:30頃から診療スタート。
今だと考えられないほど早いですね。
受付は6:00から。

有名どころの難点である「混雑」は避けられません。
小学校の登校時間、学校の準備などを含めると、こんなスケジュール。

  • 5:00 家から皮膚科へ車で30分
  • 5:30 皮膚科に到着(待つ)
  • 6:00 受付
  • 6:30 診察1番目に開始
  • 7:00 家に到着

これを朝から1週間に1回、もしくは2週間に1回続けるのですから、親子ともども疲労はハンパじゃないですよ。
だって、治療はいつ終わるかわかりませんからね。
半年も続ければ心は段々と折れてきますって。

結局1年は続けましたが、あまりの改善のなさに行くのを辞めました。
転院っていっても、有名どころがダメじゃぁねぇ・・・。
とズルズルと時間は過ぎてしまいます。

そう簡単に治ってはくれませんからね

学校で遊ぶ人たち

中学校・高校・大学に入っても症状は改善せず

結局それから22歳になるまでは、痒みとの闘いでした。
母が良くやってくれた事があります。

僕が「痒い!!!」
と、苦痛に耐えかねて我慢していると、電子レンジで濡らしたタオルを「チン!
結構、熱めのタオルですが直接患部に当てます。
すると嘘のように痒みが消えていくのです。

ですが、すぐにまた痒みはぶり返してきます。
お陰で肘の反対側部分は黒ずんでしまいました。

アトピー性皮膚炎の腕の傷の写真

 

皮膚のシワ部分が少し黒くなっているのは、
「かきむしる→ただれる→痛いから掻けない→治る→かきむしる・・・」
と何度も何度も繰り返した結果です。

これもアトピーの人なら理解は簡単だと思いますが、夜寝てから朝起きると付け根部分から流血。
真っ赤にただれているのです。
夜に掻いたのはうっすら覚えていますが、意識がぼんやりしているので、痒いから掻く!
そんな流れでボリボリ掻いてしまいます。

分かっていてもどうしようもないくらい痒いのです。
手の部分だけにとどまらず、「首・膝裏」も同じようにかきむしります。

親になった今なら分かりますよ。
そんな風に産んでごめんね。
痒いのずっと我慢するの、きついよね。って。

ごめんね。

学校で遊ぶ人たち

アトピーだと半袖が着れない!心躍る大学生活のはずが!苦痛の日々

中学生・高校生時代は親元だったので、アトピーに対して人目を意識することも少なかったです。
ですが、大学になると親元を離れ、行動範囲が広がったり、バイトの幅が広がったり。
と社会へより一歩踏み込んでいきます。

バイト先の先輩に言われた言葉がキツイ

いろいろな人が社会にはいます。
アトピーだと知ってか知らないか「きたない首(首をかきむしっていたから)だな!
とバイト先の先輩に何度も何度も罵られたり、けなされたりします。

こっちだってなりたくてなってるんじゃねーよ!!!
痒くて痒くてどうしようもない苦痛を15年以上味わってる気持ちわかるのかよ!!
心で言い返します。

夏になると「半袖を着れない恐怖」もありました。
半袖を着ると、腕のかきむしった跡が見えるのです。

「他人は見てないよ」
なんて言葉はよく聞きますが、本人は気にするものです。
嫌でも目につきますから。

「あっ、血が出てる!」
そういわれれば、すぐさま隠し、苦笑い。

何度そんな事があったか。。。
なのでちょっと暑いですが七分袖で比較的色が濃く、かつ薄地のものを選んできていましたね。
なかなか探すのが大変でしたが、今はインターネットがあるから簡単に探せます。

当然彼女なんてできません。
ルックスが良いとか悪いとかよりも、自分が逆の立場だったら「かわいそう」が先にきます。
愛情より「同情」って訳ですね。

22歳の大難関が来てしまった

大学の22歳といえば、卒業し就職活動。
当時の電子工学科といえば、就職内定率は96%ほど。
就職氷河期の時代に96%ですからね。

ですが、僕の場合は少し怪しかった。
一人暮らしをしていたのですが、その時のエピソードをひとつ。

大学の夏休み、日曜日のお昼。
ピンポーンとインターホンがなり、新聞の勧誘におっちゃんが来た日です。
チェーンロックをせず、運悪く扉を開けてしまったのですが、第一声で

新聞「こんにちは。新聞の・・・。なんですかその顔?

僕「なんですか?ってなんですか?」

新聞「肌ボロボロですよ?就職大丈夫ですか?」

僕「し・失礼します!ガチャ!」

大急ぎで鏡を見ました。
普段家で鏡をみることもあまりしていなかったので、びっくり。
ひび割れた大地のように肌が強烈にガサガサ。

一気に5歳~10歳くらい老けたようなイメージです。

皮膚の写真っぽいもの

 

思い起こしてみれば、確かに顔を掻いていたような気もします。
いつものことだったので、気にも留めていませんでした。

まさに、絶望。

「あ、僕就職できないかも・・・」

そんな思いをした日でした。
少し涙したかも。

22歳ってまだ心が弱いから結構きつかったですよ

ステロイドが危険という言葉がよぎった日

小さい頃「ステロイドは危険な薬」と意識に植え付けられていたので、ステロイドを使った記憶はあまりありません。

もしかしたら、皮膚科で処方されたものにあったかもしれませんが。
もう居ても立ってもいられず、原チャリ飛ばして薬局に行きました。

そして買たのがこれ。

  • テレス軟膏
  • テレスHi(クリーム)

ステロイド

 

ファイザー製薬の「ステロイド剤」です。

ステロイド薬には5段階のランクがあるのですが、上記は3番目の「ストロング」です。

  • Strongest(最も強力)
  • Very Strong(かなり強力)
  • Strong(強力)
  • Medium(中程度)
  • Weak(弱い)

大人に処方される時は全身~体幹部分を限定して使用。
子供は「顔・陰部」以外の体幹部分。
連続使用をする場合は大人で2週間以内を目安にし、子供で約1週間以内。

とても怖かったですが、生きるか死ぬかの選択を迫られたような状況でしたので、顔全部に塗りました。
一瞬で10分の1くらい使ったかもしれません。

※絶対まねしないでください!

結果どうなったか?

はっきり言って、涙がでました。
顔がすっきり元通りになったのです。

わずか2日で。

あまりに強烈に効くので、全身の患部に塗りました。
もう徹底的に塗りました。

※絶対まねしないでください!

塗った後は、かきむしることがなくなったので、3日目にはすっかり全身良くなりました。

僕は22歳まで15年以上のアトピーで、苦しいほどの痒みに悩まされていました。
そのせいで失ったものも相当あるでしょう。

ステロイドは危険!
ステロイドは絶対危ない!

そう教えられてきたのに。
結局最終的に頼るのはステロイドだったんだと知って、怒りさえ覚えました。

それからは、嘘のように痒みの度合が減り、1週間に1回かるく塗るくらいです。
40歳近くなった今でもなくなりはしませんが、狂ったような痒みは収まったまま。

快適で使いやすい「ステロイド」に頼り続けるのか?

ステロイドと一般的に言っても5段階のランクがあるように、痒みとゆっくり付き合いながらバランスを取れば決して危ない薬ではありません。

もちろんお医者さんの知見も必要なので、病院へかかる必要あると思います。
その一方、ずっとステロイドを使い続けなければいけない?
というジレンマはあります。

僕の場合は娘がいますので、特に自問自答します。

痒がる子供を見るのは親としても、心がこれまでにないほど痛みます。
それは自分がアトピーという痒み・苦しみを何十年も味わったから言える事。

アトピーの症状

 

首すじは一番痒くなるところの1つですよね

実際、そういった経験がない嫁は「痒みの苦しみに鈍感」です。
もう6年もお風呂上りに娘に保湿液を私がメインで塗っています。

痒く産んでごめんね。
懺悔する気持ちでいっぱいですよ。

それでも、娘は痒がるし、ステロイド効いてるのか?
って疑問が沸いてしまいます。

その反対で何度も何度も思うのが
「ずっとステロイドを使い続けなければいけないのか?」
ということ。

そんな私が「水素水」と出会ってしまったのは何かの運命か?

僕の親が、僕の症状を感じ取った6歳頃。
今の僕が「水素水」をしったのは娘が6歳。

運命的なものを感じてしまいます。

このブログをここまで読んでくれた、あなたもきっとアトピーをどうにか解決したい!
そう思っているはずですので、改善できることを願いつつ締めたいと思います。

みんなが購入を決断した記事

1
【2016年度版】水素水を目的別に徹底比較!(ブランド・価格・お試し最安値)

水素水を目的別に比較して欲しい! 水素水はメーカーも仕様も様々。 選び方がよくわからないと困っている人も多いと思いましたので、 今回比較してみた項目は次の3項目。 ブランド・メーカー別での比較 水素溶 ...

2
【2016年度版】ランキング(総合)

2016年「水素水」の総合ランキング!体感しまくっている人が続出 水素水は水素濃度も重要ですが、実際飲む人は「人間」 ですから、味や舌触りも含めて自分にあったものがよいです。 自分に合っていない「水素 ...

-アトピー経験話

Copyright© 水素水・水素水風呂のアトピー効果・効能について検証するブログ - あとすい ー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.